ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

関西医療大学 教員ブログ[保健看護学部]

2012/03/30(金)

看護の価値って


 皆さんこんにちは、関西医療大学保健看護学部、成人看護学担当の築田誠です。
 本学に保健看護学部が誕生して4年目を迎えようとしています。来年の今頃には、本学の卒業生が病院等へ看護師・保健師として巣立っていくことと思います。
 そこで、今回は私が看護師として働いていた時に感じた"看護の価値"について、そして私が看護に従事し続けようと決心したきっかけになった出来事をお話ししたいと思います。

 それは、ICUで受け持っていた60歳代の患者さんとの関わりから学んだことでした。その患者さんは手術の後の合併症で、全身に菌が蔓延する敗血症から意識が無くなり、緊急的にICUに運ばれ、人工呼吸管理が必要な状態でした。膿胸で、その膿を取り除くために管が3本挿入され、意識もなく2か月という長期間ICUに入室していました。その間、主治医や麻酔科医による様々な治療、ICUスタッフによるケアが行われました。一時は命の危険な状態でしたが、徐々に回復し、検査データ上では正常に戻り、車椅子に数十分乗れる状態にまでなったのですが、意識だけは一向に戻ってきませんでした。「~さん、~さん」と毎日、何度呼びかけても一点を凝視するだけで反応が無いにもかかわらず、CTやMRI上では何の異常もなく、医師も時間の経過を待つしかないとの判断でした。ブログ写真(築田先生)0330.jpg
 そこで、私たち看護スタッフは、この患者さんの普段の生活に何か意識を呼び戻すヒントはないかとカンファレンスを開きました。この患者さんは元々開業医で、入院直前まで現役で働いていたという事実に注目しました。医師が普段呼ばれる呼ばれ方は、「~さん」ではなく、「~先生」のはず、ということに気づき「~先生」と呼ぶように統一しました。すると「~先生」と呼び始めた途端、患者さんは私の方を"ギロッ"っと見たのです。"意識が戻った!"っと、大騒ぎになりました。もちろん、呼び方を変えたことだけが患者さんの回復を促進したのではなく、身体や心の状態すべてが整っていたからこそ、意識回復のきっかけになったのだと思います。

 日進月歩で発展する医療の中で看護が果たす役割や価値は、高度に発展した治療の補助や異常の早期発見だけではなく、対象の患者さんが普段どのような生活をしているのか、その患者さんが持っている力を引き出せる状態をいかに創り出せるか、を考えて実践することにあると思います。
 このことがきっかけで、私は"看護ってすごいな~"と思い、看護を続けることができました。看護師が行うケアというのは、周りから見れば小さな、ごく当たり前のことなのですが、その対象となる患者さんにとっては、人生を左右する大きなことなんです。

このページのトップへ

Now-Loading...

Back Number

2012年

2011年

2010年

2009年

関西医療大学

お問合せはこちらまで info@kansai.ac.jp